特別養護老人ホーム

1/4ページ

さまざまな記憶が薄れていくなか施設を自宅だと思い穏やかに生活していた<特別養護老人ホーム>【介護施設探しの体験談】

認知症が進み、さまざまな記憶が薄れていくなかで、叔父さまは特養に入居したあとも、亡くなった家族と自宅で暮らしていると思っていたそ …

希望の特養を探すのがひと苦労。見つけても人気が高くすぐに入居できなかった<特別養護老人ホーム>【介護施設探しの体験談】

「たくさんの特別養護老人ホームをどう比較したら良いのかわからなかった。特養に特化した比較サイトがあればいいのに」と、お母さまの入 …

コロナ禍で制限される面会時、「帰りたい」という母に心が痛むことも<介護老人保健施設>【介護施設探しの体験談】

お父さまが入院したあと、忙しいご長男と暮らしていたY.O.さんのお母さま。コロナ禍で周囲の人との交流が減ったことから認知症が進み …

認知症の症状が悪化して介護する家族のストレスが限界に。スタッフの手厚い介護で父は穏やかな毎日<特別養護老人ホーム>【介護施設探しの体験談】

お父さまの介護をしていたお母さまの入院により、近くに住む家族の介護が始まりました。しかし、日に日に認知症の症状が悪化したことで、 …

施設への入居は本人と家族の穏やかな生活のために必要な選択<介護老人保健施設>【介護施設探しの体験談】

入院生活が長かったM.K.さんのおばあさまは退院しても介護が必要な状況であったため、病院からのアドバイスもあって、施設への入居を …

全世代型社会保障会議、介護など重点3分野を決定 岸田首相「医療・介護制度の改革を前に進める」

政府は7日、今後の社会保障制度の改革を話し合う「全世代型社会保障構築本部」の会合を首相官邸で開催した。 介護保険制度の見直しなど …

20代から80代までさまざまな年代の介護職員が元気に働く高齢者複合施設「サンホームみかづき」(兵庫県)【編集部ピックアップ施設_vol12】

介護カレンダー編集部がネット上で探してきた特色ある高齢者向け施設や工夫を凝らしたさまざまな取り組みをご紹介する<編集部ピッ …

笑顔で介護! 特養〜自宅で看取るまで<第12回> 特養・申請1回目で母が特養に入れた! 私がやったことは? わたし流・特養の選び方 その③

明るく元気だった母が「アルツハイマー型認知症」、そして脳内出血。思いもよらず、リハビリ病院からの転院先を探すことになりました。家 …

笑顔で介護! 特養〜自宅で看取るまで<第11回> 特養・申請1回目で母が特養に入れた! 私がやったことは? わたし流・特養の選び方 その②

明るく元気だった母が「アルツハイマー型認知症」、そして脳内出血。思いもよらず、リハビリ病院からの転院先を探すことになりました。家 …

笑顔で介護! 特養〜自宅で看取るまで<第10回>わたし流・特養の選び方 その① 申請1回目で母が特養に入れた! 私がやったことは? 

明るく元気だった母が「アルツハイマー型認知症」、そして脳内出血。思いもよらず、リハビリ病院からの転院先を探すことになりました。家 …

介護は人が行うもの。どこに預けるかではなく、誰に任せるかが肝心<特別養護老人ホーム>【介護施設探しの体験談】

要介護5のお父さまを自宅で介護するのは難しいと施設の入居を決めたというA.I.さん。一番の入居のポイントは、入居者のことを考えた …

笑顔で介護! 特養〜自宅で看取るまで<第9回>施設入居を決めたはいいけれど、誰に相談すればいいの?

明るく元気だった母が「アルツハイマー型認知症」、そして脳内出血。思いもよらず、リハビリ病院からの転院先を探すことになりました。家 …

笑顔で介護! 特養〜自宅で看取るまで<第8回>私が介護する? リハビリ病院への転院 ひと安心と思いきや…

明るく元気だった母が「アルツハイマー型認知症」、そして脳内出血。何が何だかわからないまま、急性期の病院からリハビリ病院へ。ほっと …

笑顔で介護! 特養〜自宅で看取るまで<第7回>私が介護する? それともリハビリ病院?

母の脳内出血部位は、左側頭葉と海馬。 言語、記憶、感情などに影響が出るといいます。 運動能力に問題はないそうです。 ということは …

笑顔で介護! 特養〜自宅で看取るまで<第6回>それはある日突然に……

アルツハイマー型認知症と認定された9カ月後、脳内出血で、突然、母は意識を失いました。 そこから、母は2度と家に帰ることができませ …

笑顔で介護! 特養〜自宅で看取るまで<第5回>介護認定、少しでもポイントアップさせるコツ

「アルツハイマー型認知症」と診断された母。 スープの冷めちゃう距離(片道1時間半)、子ども3人+犬+仕事、今の私ができることはな …

1 4