都心の施設に比べて価格はリーズナブル。でも会いに行くのは大変【介護施設探しの体験談】

都心の施設に比べて価格はリーズナブル。でも会いに行くのは大変【介護施設探しの体験談】

青森と神奈川とご主人のお母さまと離れて暮らすY.U.さん。お母さまの希望通り、生まれ育った青森の施設に入居されたそうです。周りに人がたくさんいることで安心はできるけれど、会いに行くのは大変と話します。

都心の施設に比べて価格はリーズナブル。でも会いに行くのは大変

【プロフィール】
<入居者>夫の母
<施設種類>サービス付き高齢者向け住宅
<入居年齢>70代
<介護度>自立
<入居期間>2019年3月〜
<居住地域>青森県
<話を聞いたかた>長男の妻

入居者との関係

夫の母です。

医療的ケア・疾患、症状など

70代前半のときに心筋梗塞で緊急搬送されました。手術により命はとりとめたものの、買い物などの日常の生活にも支障が出てリハビリに通っていました。

入居を決めた時期と理由

子どもは東京にいて、青森で一人暮らしをしていた母が心配で入居することを決めました。また、心筋梗塞によりICUでしばらく過ごしたことから、本人も一人で暮らすことに不安を感じ始めていたようです。

とはいえ、70年もの間、青森で暮らしていたため、東京に出てくる決意はできず、青森でこのまま暮らしたいと希望していました。青森には、親戚や母の兄弟もいるから安心だと言っていました。

心筋梗塞後は、軽い運動を続けるように言われているので、入居後は皆さんと散歩をしたりリハビリをしたりするのが楽しいようです。

施設の探し方

私たちは、神奈川に住んでいるので、事前に青森の施設を見学に行くことが難しく、まずはインターネットのホームページに掲載されている青森周辺の施設から資料を取り寄せました。検討の結果、候補をふたつに絞って見学に行きました。

最終的には桜が綺麗な弘前公園のそばにある施設が良いという本人の希望で、入居先を決定しました。価格も想定内でした。

入居の手続き、ステップ

資料請求後に実際に施設を見学し、様子を確認。部屋のサイズにによってかなり価格が異なるので、その部分で少しもめましたが、最終的には本人の希望通り少し大きめの部屋に決定しました。

それでも都心の介護施設に比べたら相当安いので、助かりました。決定後に、それまで住んでいた家を売却に出しましたが、思った以上にこの手続きに時間がかかり手こずりました。しかしなんとか売却にこぎつけ、入居の際は主人が付き添い説明を受けたりといった手続きをしました。

入居して良かったこと

一番良かったのは、ものすごくおしゃべりが好きな義母が同じ年代の人たちに囲まれてたくさんおしゃべりができること。また、かなり寂しがりやなタイプで、ちょっと放っておくと、鬱っぽくなってしまうため、周りに人がいると本人も安心できるようです。

軽い運動を続けないといけないのですが、周りから背中を押してもらい、よく公園に散歩に行っているようです。引きこもらずにいられることも良い点だと思います。

入居して大変だったこと

遠方に入居したので、会いに行くのはかなり大変です。以前であれば義母の家に泊まることもできましたが、今はそれもできず、青森まで会いに行くときは必ずホテルをとらなくてはならず、こちらのコストがかなりかさみます。

今のところ、特に大変なことはなく安心していますが、これから先、もし症状が進めば、もっと手厚いケアの介護施設に移る必要があることをこれから考えなければならないと思っています。

入居を検討しているかたへのアドバイス

本人が集団行動が嫌いで、ものすごく嫌がるのであれば、無理に入れることはないと思いますが、最初はしぶっていても入ってみたら意外と毎日が学校みたいで楽しくて、若い頃に戻ったようだと喜んでいるかたも多いようです。

昔は、介護施設に入れるなんて親不孝だというイメージがあったかもしれませんが、遠方であったり、共働きであったりするのが当たり前の今の時代は、本人が嫌がらない場合には選択肢として十分考えうることかと思います。

※入居時点の情報であり、あくまでも個人の感想です。

★サービス付き高齢者向け住宅について詳しく知りたいかたは、こちらをご覧ください。

体験談募集中!

体験談募集中!

介護カレンダーでは「介護施設探しの体験談」を募集しています。

入居を検討している方へのアドバイスとして、介護施設探しでの貴重な体験を記事にしてみませんか。

介護施設探しの体験談の最新記事