施設の見学や説明会には入居する本人と一緒に【介護施設探しの体験談】

施設の見学や説明会には入居する本人と一緒に【介護施設探しの体験談】

大きな病気もなく自立していたご主人のおじいさま。しかし、一人暮らしで話し相手がいない生活は寂しいと、家族で相談して介護付き有料老人ホームへの入居を決めたとK.Y.さんは話します。

施設の見学や説明会には入居する本人と一緒に

【プロフィール】
<入居者>夫の祖父
<施設種類>介護付き有料老人ホーム
<入居年齢>80代以上
<介護度>自立
<入居期間>2016年4月〜現在
<居住地域>千葉県
<話を聞いたかた>孫の妻

入居者との関係

夫の祖父です。

医療的ケア・疾患、症状など

日常生活に大きな支障の出ない程度の軽い認知症でした。

入居を決めた時期と理由

祖母が亡くなり、祖父が一人で実家にいることになりました。祖父は大きな病気もなく、一人で自立して生活できていたのですが、祖母が亡くなってしまい会話相手がいなくなり、このまま一人で暮らしていくのもつまらないということで老人ホームへの入居を考えるようになりました。

家族でも相談しましたが、私たちも仕事が忙しく、祖父に介護が必要になっても世話をすることはできないだろうと、老人ホームへの入居を決めました。

施設の探し方

祖父が地元を離れることを嫌がっていたので、なるべく実家の近くに絞ってインターネット等で調べました。その中からいくつかの老人ホームをピックアップして、資料を請求したり、実際に祖父を連れて見学に行ったりして、祖父が気に入った老人ホームに決めました。

他にも知り合いの方のご両親が通っていられる老人ホームを教えていただき、見学や資料請求などもしました。探しているときには、老人ホームの費用の内訳や合計などに重きを置いていました。

入居の手続き、ステップ

インターネットや知り合いの方の紹介などで老人ホームを探し、資料を取り寄せたり、見学に行ったりしました。

施設の介護支援専門員と入居する祖父の健康状態や様子、持病などに関する相談などをした後、1週間程度のお試し入居を体験し、祖父の反応も良かったので入居を決めました。入居するときには、持ち込み可能な荷物を老人ホームに確認し、一緒に持っていきました。

入居して良かったこと

祖父が他の入居者やスタッフと会話やレクリエーションなどをして、入居前よりも楽しく過ごせている点が良かったです。入居する前は祖父は一人で暮らしていたので、健康状態やしっかり生活できているのかについての不安もありましたが、老人ホームのスタッフのサポートや食事管理などのお陰で、今はその不安も軽減され、私たちも仕事や自分たちの生活に集中できています。定期的に面会もできているので、会えなくて寂しいということもありません。

入居して大変だったこと

特に困っていることや大変なことはありませんが、強いていうなら祖父が以前よりも遥かに元気で、活力にあふれているところです。祖母が亡くなり、祖父が一人で暮らすようになってから、度々実家に遊びに行ったり、電話をしたりして寂しさを感じさせないようにしてきたつもりでしたが、あまり効果はなかったのかなと思うと少し残念です。でも、今祖父が老人ホームでの生活を満足して過ごせているようなので、こちらも安心しています。

入居を検討しているかたへのアドバイス

自分の親族を入居させようと考えているときには、自分たちで勝手に入居する介護施設を決めるのではなく、入居する本人に合った介護施設を選択することが大切です。実際にその介護施設で過ごすのは入居する本人なので、見学や説明会などにはなるべく入居する本人と一緒に行けるといいです。定期的な面会などや、何か合ったときに直ぐに施設に行けるように、自分たちの居住区から離れすぎないところの施設を選ぶことをお勧めします。

※入居時点の情報であり、あくまでも個人の感想です。

★有料老人ホームについて詳しく知りたいかたは、こちらをご覧ください。

体験談募集中!

体験談募集中!

介護カレンダーでは「介護施設探しの体験談」を募集しています。

入居を検討している方へのアドバイスとして、介護施設探しでの貴重な体験を記事にしてみませんか。

介護施設探しの体験談の最新記事