特養

1/4ページ

特養の特例入所、1割強の市町村が「運用されていない」 厚労省 適切な対応を促す方針=介護保険部会

特別養護老人ホームに入所できるのは原則として要介護3以上の高齢者だが、やむを得ない事情がある場合は要介護1・2でも入所することが …

特養の待機者、少なくとも23.3万人 厚労省最新調査 3年で約4万人減

厚生労働省は19日、特別養護老人ホームへの入所を望んでいる待機者の最新の調査結果(速報値)を公表した。 それによると、特養の待機 …

後悔することのないように、面会に頻繁に訪れることをおすすめ<介護付き有料老人ホーム>【介護施設探しの体験談】

家族が面会に通いやすいこと、そしておばあさまの持病である間質性肺炎を悪化させないように、空気のきれいな場所にあることを条件に施設 …

入居前も入居後も施設に何度も足を運びスタッフとコミュニケーションをとることが大切<特別養護老人ホーム>【介護施設探しの体験談】

「施設への入居を検討しているなら、できる限り早い段階で相談、行動することが大切」と話すのはS.S.さん。実際に入居候補の施設に何 …

施設との相性。介護度が上がったときも転居せずにいられるかが施設選びのポイント<住宅型有料老人ホーム>【介護施設探しの体験談】

アクセスや施設だけでなく、見学時には働くスタッフの雰囲気、叔母さまとの相性を確認したというK .U.さん。また介護度が上がったと …

入所先は近所の人の情報から。有料老人ホームにしては良心的な値段がありがたい<介護付き有料老人ホーム>【介護施設探しの体験談】

同居していたご長男が亡くなり一人暮らしとなったH.M.さんのお母さま。近隣のかたからの情報を集め入所先を決めたそうです。自己資金 …

さまざまな記憶が薄れていくなか施設を自宅だと思い穏やかに生活していた<特別養護老人ホーム>【介護施設探しの体験談】

認知症が進み、さまざまな記憶が薄れていくなかで、叔父さまは特養に入居したあとも、亡くなった家族と自宅で暮らしていると思っていたそ …

希望の特養を探すのがひと苦労。見つけても人気が高くすぐに入居できなかった<特別養護老人ホーム>【介護施設探しの体験談】

「たくさんの特別養護老人ホームをどう比較したら良いのかわからなかった。特養に特化した比較サイトがあればいいのに」と、お母さまの入 …

コロナ禍で制限される面会時、「帰りたい」という母に心が痛むことも<介護老人保健施設>【介護施設探しの体験談】

お父さまが入院したあと、忙しいご長男と暮らしていたY.O.さんのお母さま。コロナ禍で周囲の人との交流が減ったことから認知症が進み …

認知症の症状が悪化して介護する家族のストレスが限界に。スタッフの手厚い介護で父は穏やかな毎日<特別養護老人ホーム>【介護施設探しの体験談】

お父さまの介護をしていたお母さまの入院により、近くに住む家族の介護が始まりました。しかし、日に日に認知症の症状が悪化したことで、 …

施設への入居は本人と家族の穏やかな生活のために必要な選択<介護老人保健施設>【介護施設探しの体験談】

入院生活が長かったM.K.さんのおばあさまは退院しても介護が必要な状況であったため、病院からのアドバイスもあって、施設への入居を …

全世代型社会保障会議、軽度者の生活援助の見直し促す 居宅介護支援の給付や利用者負担も

政府は28日、今後の社会保障制度改革の方向性を有識者らと話し合う「全世代型社会保障構築会議」で、当面の主な論点を固めた。厚生労働 …

全世代型社会保障会議、介護など重点3分野を決定 岸田首相「医療・介護制度の改革を前に進める」

政府は7日、今後の社会保障制度の改革を話し合う「全世代型社会保障構築本部」の会合を首相官邸で開催した。 介護保険制度の見直しなど …

1 4